2013年07月07日

爪句@今日(7月7日・番外)の一枚

登山道 野生を棄てて ペットなり

 円山登山道ではよくリスを見かける。かなり人に慣れているリスも居て、餌をくれる登山者に近寄ってくる。女性の手の中に食べ物があると見たか、要求する仕草である。こうなると、野生動物のリスがペットの領域に踏み込んで来ている。

%E7%99%BB%E5%B1%B1%E9%81%93%E3%80%80%E9%87%8E%E7%94%9F%E3%82%92%E6%A3%84%E3%81%A6%E3%81%A6%E3%80%80%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

comments

コメントを入力してください
野性動物をペット化するための途方も無い年月を考えますと、特にリスが野性を喪失するとは先ずあり得ないと思っておりました。
若い羆が大都会に出没する理由を考えますと、野生動物にとっての自然環境が急速に悪化しているのかも知れませんね。
それはそれとして、エゾリスが寄ってくるとは、山ガールさん方の話題になりそうですね。

  • 伊東 裕
  • 2013年07月07日 19:23

 野生動物に餌を与えるのは、原則駄目なのでしょうが、写真を撮る立場では、餌に集まる小動物や野鳥は好都合です。それにしても野生はこうも簡単に人に慣れるものかと、意外です。

  • ブログ子
  • 2013年07月07日 20:08
comment form
comment form