2015年01月27日

シリーズ1682・「パノラマ写真」ここはどこ

 駅前広場にオブジェがあります。さて、ここはどこの駅。


1682E%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%A9%E3%83%9EW%E6%B7%B1%E5%B7%9D%E9%A7%85%E5%89%8D%E5%BA%83%E5%A0%B4A.jpg

comments

コメントを入力してください
オブジエ作品への苦手意識が先に立ち、難問を予想したパノラマ拡大機能で「児島医院」を見つけた段階で、生まれ育った深川市と判りました。
生家は、深川駅正面方向約500メートル先の石狩川に架かっている鉄橋の端から右手3軒目の仕入れ菓子店でした。
地元の旧制中学卒業後、駅から200メートル先の四つ角、現在は地元交流記念館に衣替えした旧拓銀に入行し10年目から道内の支店巡りをスタートし、13カ店目の本店営業部を最後に46年間を勤め終えました。
当然、本来ならば最初のオブジエ作品光景段階で一発正解の筈が、絶妙なアングル撮りとは言え、見事に盲点を突かれたようで、あらためて65年前の駅前街並みの変貌振りを懐かしく想い出しております。

  • 伊東
  • 2015年01月27日 16:52

 46年間とは、銀行員一筋といったところですね。65年も昔のF駅の周辺は随分と変わったことでしょう。昔のパノラマ写真がもしあれば、現在と比べてみて、いろいろ発見があるのでしょう。現在と未来のパノラマ写真の比較は、今撮影しているパノラマ写真が残されることになれば可能になります。

  • ブログ子
  • 2015年01月27日 17:21
comment form
comment form