2008年05月24日

北の世田谷美術館

 江別の角山(かくやま)地区は札幌の東区と接し、この地区を走る真っ直ぐな国道275号線沿いに、ところどころ工場があるか、さもなくば畑が広がるだけの代わり映えのしないところである。江別の往復にここを通過しても、ここに都市秘境スポットがあるとは到底思えなかった。

 ところがふと目にした江別の案内書に「北の世田谷美術館」の文字がある。角山地区に美術館とは、と行ってみることにする。ここで東京にある世田谷区の地名がここにあるのは、1945年の終戦直前に世田谷区からの入植者の一団がこの地区にやって来たことによる。国道沿いのバス停の名前も「世田ヶ谷」となっている。

%E4%B8%96%E7%94%B0%E3%83%B6%E8%B0%B7%E3%83%90%E3%82%B9%E5%81%9CA.jpg

 このバス停から伸びる一本道を北西方向に向かって走ると、「北の世田谷美術館」の傾いた門柱が目に入り、かなり秘境の雰囲気である。牛舎を改装したと思われる建物の入り口のところに美術館の立派な表札がある。おそるおそる戸を開けて入ってみるのだが、誰もいない。絵が壁一面に展示されていて、美術館には違いないのだろうけれど、個人の住宅の雰囲気でもある。

%E4%B8%96%E7%94%B0%E8%B0%B7%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8%E9%96%80%E6%9F%B1A.jpg

%E4%B8%96%E7%94%B0%E8%B0%B7%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8%E5%A4%96%E8%A6%B3A.jpg

 この美術館は山形トム氏が描いた絵を展示している。後で現れた娘さんの話では、山形氏の父親が「エノケン」一座の役者で、山形氏も子役を勤めていた経歴の持ち主である。角山で以前は酪農、現在は畑作の農業を営む傍ら、北陽会に属し油絵を描いている。納屋にも絵が無造作に置かれていて、生活用具や農機具と一緒に牛や裸婦の絵がある空間は秘境の条件を満足している。

%E4%B8%96%E7%94%B0%E8%B0%B7%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8%E7%B5%B5A.jpg

 夫人の山形文子氏は農業の傍ら歌を詠み、その歌碑が敷地内に設置されている。歌碑に刻まれた歌からは、酪農業と向い合いながらの創作活動であるのが伝わってくる。短歌誌「個性」に拠って創作活動を続け、1983年には短歌集「江別酪農三家」を長谷川みよ子氏、丸山陽子氏らと共に出版している。

%E4%B8%96%E7%94%B0%E8%B0%B7%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8%E7%A2%91A.jpg

%E5%B1%B1%E5%BD%A2%E6%96%87%E5%AD%90%E6%AD%8C%E7%A2%91A.jpg

 山形夫妻とは取材時に顔を合わす機会は無かったけれど、その後電話で取材の目的についての話をして、トム氏とは声の方で出会っている。

comments

はじめまして M.Yと 者です。
今日は 休みで 中古で買った自転車で豊平川をサイクリングしていました。
川の下に向けノンビリペダルをコイデいると、 いつの間にか江別市に入ったようです(笑) 車では江別市はよく通るのですが 自転車だと江別市に入った感覚がありませんでした(笑)
けど江別市の角山には、世田谷の歴史があったのに 驚きました。
私自身 札幌生まれ札幌育ちの四十代ですが お隣の市(世田谷区)があるのはしらず、実は小学校時代には学習してたらしい(恥)www
話し戻します(笑)
サイクリングしていた今日 一期一会がありました!
江別市 世田谷区を知り 世田谷美術館を訪問できました ありがとうございます。
自転車で豊平川を下り右河川ロードを走り 国道に出て厚別川の右河川を下り~ファーム(覚えてない)スマセン
道路の側溝の直ぐ側に子豚 がいっぱい(嬉)自転車に反応して追いかけてきます(癒) あれ話しが反れました(笑)
本題に入ります(謝)www
先程 話した世田谷美術館です。
その世田谷美術館の看板 いや石材で出来た物です。
その美術館の表札に誘われ 入らせてもらいました。
たまたま誰もスタッフの方々が居なくフラフラと自然を探索した形になり、
美術館に寄れず帰ることにした所、
帰って来たスタッフの方に声を掛けて頂き 美術館を案内してもらえました。
正直 自分には美的センスのない不器用な男ですが、 美術館の歴史と江別市世田谷区の歴史に感動しました。
掘り返す話しになりますが、戦後70年の2015年 深く考え思ある 素晴らしい出会いになりました。
言葉しらずでスミマセン 女将がいいて 大女将がいるとしたら大女将さん お土産までして頂き 本当にありがとうございます。
スタッフの方々ありがとうございます。

  • m.y
  • 2015年08月10日 19:10

m.yさん コメント有難うございます。北の世田谷美術館に行かれましたか。初めてあの私設美術館を訪れると驚きます。「江別・北広島秘境100選」(2008年)の出版のため訪れで取材した後には行っていません。以前と同じく作品を見せてもらえるのですね。今度又機会を見つけて行ってみようと思っています。

  • ブログ子
  • 2015年08月10日 19:33
comment form
comment form