2008年07月28日

ヒペリカム

 名前からして外来の花と分かる。日本では「キンシバイ」の仲間であると聞いても、その花を見たことがあるのかないのかはっきりしない。黄色の花に赤い実をつけ、生け花や切り花などに用いられるらしい。耐寒性もあり、庭に直植えたものは毎年花をさかせている。夏の盛りというのに花は実に変身していっている。青々とした葉に鮮やかな赤い実が並んでいるのは観賞に値する。しかし、赤い実がなるとやはり秋を連想し、北海道の秋が忍び寄っているのかと予感する。

花終わり 実に変身の ヒペリカム

%E8%8A%B1%E7%B5%82%E3%82%8F%E3%82%8A%E3%80%80%E5%AE%9F%E3%81%AB%E5%A4%89%E8%BA%AB%E3%81%AE%E3%80%80%E3%83%92%E3%83%9A%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%A0A.jpg

早々と 秋の予感の 実の赤さ

%E6%97%A9%E3%80%85%E3%81%A8%E3%80%80%E7%A7%8B%E3%81%AE%E4%BA%88%E6%84%9F%E3%81%AE%E3%80%80%E5%AE%9F%E3%81%AE%E8%B5%A4%E3%81%95A.jpg

comments

comment form
comment form