2008年08月10日

祭りの始まり

 祭りはこれからという時には本番前の気合と息抜きが同居する。祭り衣装に身を固めた踊り手の一団が、札幌名所になった飲食店街のところで準備に余念がない。編み笠を被れば、入店しようと飲食店の引き戸に手を伸ばした時の気合と同様、祭りの戸に手を掛けた緊張感が出てくる。祭り見物に来た客は、歩行者天国が始まった路上が祭りの人混みで埋まる前にそぞろ歩きである。店開きをした路上の風鈴売りに近づく客の表情に、品定めする気合とリラックスが入り混じる。

編み笠を 被れば祭り 戸の開き

%E7%B7%A8%E3%81%BF%E7%AC%A0%E3%82%92%E3%80%80%E8%A2%AB%E3%82%8C%E3%81%B0%E7%A5%AD%E3%82%8A%E3%80%80%E6%88%B8%E3%81%AE%E9%96%8B%E3%81%8DA.jpg

風鈴を 品定めする 開店時

%E9%A2%A8%E9%88%B4%E3%82%92%E3%80%80%E5%93%81%E5%AE%9A%E3%82%81%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%80%E5%BA%97%E9%96%8B%E6%99%82A.jpg

comments

comment form
comment form