2008年08月19日

カサブランカ

 カサブランカの言葉を聞いて、映画を連想すれば映画通の人、ユリの花が頭に浮かべは花好きの人、といった喩えがある。映画の方で言えば、モロッコにある都市のカサブランカが映画の舞台で、この都市名は「カサ」=「家」、「ブランカ」=「白い」に由来して、白壁の家が並ぶ街である。一方、ユリの花のカサブランカは普通には白い花であるけれど、桃色の花であったりして、映画の題名をイメージしていると名前に違和感がある。白い花の雄しべはソーセージのように見える。

桃色で カサブランカは 白い家

%E6%A1%83%E8%89%B2%E3%81%A7%E3%80%80%E3%82%AB%E3%82%B5%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%81%AF%E3%80%80%E7%99%BD%E3%81%84%E5%AE%B6A.jpg

白い皿 盛られた料理 ソーセージ

%E7%99%BD%E3%81%84%E7%9A%BF%E3%80%80%E7%9B%9B%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%96%99%E7%90%86%E3%80%80%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%82%B8A.jpg

comments

comment form
comment form