2008年08月21日

ガウラ

 ガウラは背が高いので庭の隅にあっても目につき、存在感を示す花である。伸びた茎に四枚の花びらの花がところどころについたように咲いている。色は、白やピンクで、園芸の花というより野の花の趣きである。ガウラは別名ハクチョウソウ(白蝶草)とも呼ばれる。茎が高く、細いので風が少しでもあると花が揺れ、遠目に白い蝶が飛んでいるようにも見える。朝の散歩道に鉢植えのガウラの花が咲いていて、アスファルトの道まで身を乗り出して蝶の飛ぶ演技をしてくれる。

庭の隅 背高き花の 存在感

%E5%BA%AD%E3%81%AE%E9%9A%85%E3%80%80%E8%83%8C%E9%AB%98%E3%81%8D%E8%8A%B1%E3%81%AE%E3%80%80%E5%AD%98%E5%9C%A8%E6%84%9FA.jpg

白き蝶 舞うかと見えて 散歩道

%E7%99%BD%E3%81%8D%E8%9D%B6%E3%80%80%E8%88%9E%E3%81%86%E3%81%8B%E3%81%A8%E8%A6%8B%E3%81%88%E3%81%A6%E3%80%80%E6%95%A3%E6%AD%A9%E9%81%93A.jpg

comments

comment form
comment form