2008年08月31日

ヨウシュヤマゴボウ(洋酒山牛蒡)

 ヤマゴボウは山に生え、ゴボウのような根をつけることからこう呼ばれている。洋種は渡来植物であることを意味している。茎が赤味を帯びて伸び、何か洋酒を飲んで顔が赤くなったようでもある。花房が弾けて緑の実が顔を出し、これはヨモギ団子を連想させ、花より団子である。実は熟すると黒紫色になる。根には毒があり、中国では下剤として用いられて来ているそうである。花言葉は「内縁の妻」と出ていたけれど、これは根に毒を持つことに関係しているのだろうか。

紅茎は 洋酒飲んでか 洋種なり

%E7%B4%85%E8%8C%8E%E3%81%AF%E3%80%80%E6%B4%8B%E9%85%92%E9%A3%B2%E3%82%93%E3%81%A7%E3%81%8B%E3%80%80%E6%B4%8B%E7%A8%AE%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

ヤマゴボウ 花の中より 草団子

%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%82%B4%E3%83%9C%E3%82%A6%E3%80%80%E8%8A%B1%E3%81%AE%E4%B8%AD%E3%82%88%E3%82%8A%E3%80%80%E8%8D%89%E5%9B%A3%E5%AD%90A.jpg

comments

comment form
comment form