2008年09月06日

オオベニタデ

 夏の終わり頃から蓼の花が咲き出す。見下ろせる小さな背丈のものから、見上げるほどのものまで大小様々で、紅色の穂状の花をつけている。オオベニタデと呼ばれている種類で、紅色が鮮やかである。蓼の花に蟻が取り付いていて、「蓼食う虫も好き好き」の言葉が浮かんで来る。ただし、虫が食べるものは花ではなくて葉で、辛味のある葉でも虫によっては好物になっていることから、好き嫌いは人により異なることを言っている。蟻の方は花の蜜でも舐めているのだろう。

目立つなり オオベニタデの 紅の色

%E7%9B%AE%E7%AB%8B%E3%81%A4%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%80%80%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%83%99%E3%83%8B%E3%82%BF%E3%83%87%E3%81%AE%E3%80%80%E7%B4%85%E3%81%AE%E8%89%B2A.jpg

蟻が這い 蓼食う虫の 言葉出て

%E8%9F%BB%E3%81%8C%E9%80%99%E3%81%84%E3%80%80%E8%93%BC%E9%A3%9F%E3%81%86%E8%99%AB%E3%81%AE%E3%80%80%E8%A8%80%E8%91%89%E5%87%BA%E3%81%A6A.jpg

comments

comment form
comment form