2009年07月03日

豊平町役場跡碑-北海道豊平六条郵便局

 風景印に描かれた石碑の文字は「ここに豊平村役場ありき」と読める。この町役場跡の石碑は国道36号沿いにあるけれど、注意深く見て行かないと見落としてしまう。石碑は豊平四条六丁目のパン屋の横にある。黒御影石に前述の文字が彫り込まれている。碑の横に豊平村役場跡の略譜がある。読んでみると、豊平外四カ村戸長時代が一八八〇(明治十三)年から始まっている。
 この役場跡地には現在店舗があって、菓舗「いとう」の看板が見える。看板はさらに「豊平町役場跡記念碑の店」とある。店の人に聞くと、役場が移転してこの方ここで商売をしてきているので、百年は続いている店である。札幌で百年とは立派な老舗である。

%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E8%B1%8A%E5%B9%B3%E5%85%AD%E6%9D%A1.JPG

役場跡 百年経たる 老舗あり

%E5%BD%B9%E5%A0%B4%E8%B7%A1%E3%80%80%E7%99%BE%E5%B9%B4%E7%B5%8C%E3%81%9F%E3%82%8B%E3%80%80%E8%80%81%E8%88%97%E3%81%82%E3%82%8AA.jpg

comments

comment form
comment form