2010年03月19日

洒落た建物に同居する浦臼駅

 浦臼町は農業の町で、畑地が広がり、駅周辺の軟石の倉庫は農産物の貯蔵のためのものなのだろう。農業の町でも、浦臼の地名は川から来ていて、アイヌ語のウラ・ウシ・ナイ(簗(やな)のある川)に漢字を当てはめたとの説がある。無人の浦臼駅は、町が建てた「ふれあいステーション」に同居している。この建物は木造で、一部レンガタイル張りで、洒落ている。雪に覆われた線路は、浦臼の集落を貫き、ほぼ南北に真っ直ぐに伸びている。

無人駅 洒落た建屋の 店子なり

%E7%84%A1%E4%BA%BA%E9%A7%85%E3%80%80%E6%B4%92%E8%90%BD%E3%81%9F%E5%BB%BA%E5%B1%8B%E3%81%AE%E3%80%80%E5%BA%97%E5%AD%90%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

南には 薄い日のあり 線路延び

%E5%8D%97%E3%81%AB%E3%81%AF%E3%80%80%E8%96%84%E3%81%84%E6%97%A5%E3%81%AE%E3%81%82%E3%82%8A%E3%80%80%E7%B7%9A%E8%B7%AF%E5%BB%B6%E3%81%B3A.jpg

comments

comment form
comment form