2010年03月25日

屋根付きホームのある勇払駅

 勇払駅は苫小牧工業団地の開発が進めば、団地の拠点駅として賑わうはずであった。しかし、この開発計画は頓挫した状態で、利用客も少なく、駅舎は閉鎖状態にある。駅舎からプラットホームまでは離れていて、ホームの周囲には枯れた雑草の空地が広がっている。駅名標の彼方に煙突が見え、これは海岸に接してある北電の火力発電所のものである。ホームには屋根のある部分があり、実質これが待合所の機能を果たしているようである。

ホーム屋根 駅舎遠くて 待合所

%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E5%B1%8B%E6%A0%B9%E3%80%80%E9%A7%85%E8%88%8E%E9%81%A0%E3%81%8F%E3%81%A6%E3%80%80%E5%BE%85%E5%90%88%E6%89%80A.jpg

苫東の 夢の果たせず 枯れ空地

%E8%8B%AB%E6%9D%B1%E3%81%AE%E3%80%80%E5%A4%A2%E3%81%AE%E6%9E%9C%E3%81%9F%E3%81%9B%E3%81%9A%E3%80%80%E6%9E%AF%E3%82%8C%E7%A9%BA%E5%9C%B0A.jpg

comments

comment form
comment form