2010年03月25日

貨物駅が廃止された茶志内駅

 茶志内の名前はアイヌ語のチャシ(砦)とナイ(川)に由来する。無人駅となっている駅舎自体は大きなもので、この駅がかつて旅客列車の他に貨物列車の駅でもあったことによる。客として列車を利用していて、貨物輸送には目が行かないけれど、鉄道会社は旅客を運ぶ会社の他に、JR貨物という別会社がある。茶志内駅はJR貨物駅でもあったのが廃止され、そのため線路と跨線橋が不要になり、跨線橋の入口は板で塞がれ閉鎖されていた。

茶志内は 駅舎のチャシが 雪の中

%E8%8C%B6%E5%BF%97%E5%86%85%E3%81%AF%E3%80%80%E9%A7%85%E8%88%8E%E3%81%AE%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%B7%E3%81%8C%E3%80%80%E9%9B%AA%E3%81%AE%E4%B8%ADA.jpg

廃線後 板で塞いで 跨線橋

%E5%BB%83%E7%B7%9A%E5%BE%8C%E3%80%80%E6%9D%BF%E3%81%A7%E5%A1%9E%E3%81%84%E3%81%A7%E3%80%80%E8%B7%A8%E7%B7%9A%E6%A9%8BA.jpg

comments

comment form
comment form