2010年08月13日

種の確定の困難なゲラニウムの花

 単純な形の花弁を広げるゲラニウム(フウロソウ科)の花は、マクロ撮影に向いている。花が開けば平面に近く花弁が展開して、フォーカスが合う面の深さ範囲が限られていても、花の表面がぼけずに写ってくる。それでも、豆を並べたような雄蕊にフォーカスを合わせると、花弁の一部はぼけて写る。交配による多くの園芸種があるようで、種の確定が難しい。花の問い合わせのサイトに質問してみると、ゲラニウムのロザンネイではないかとの回答があったけれど、確信は持てない。

ゲラニウム 種の当たりてか ロザンネイ

%E3%82%B2%E3%83%A9%E3%83%8B%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%80%80%E7%A8%AE%E3%81%AE%E5%BD%93%E3%81%9F%E3%82%8A%E3%81%A6%E3%81%8B%E3%80%80%E3%83%AD%E3%82%B6%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%82%A4A.jpg

青紫布(しせいぬの) 浮かぶ蕊豆(しべまめ) 包み込み

%E9%9D%92%E7%B4%AB%EF%BC%88%E3%81%97%E3%81%9B%E3%81%84%EF%BC%89%E5%B8%83%E3%80%80%E6%B5%AE%E3%81%8B%E3%81%B6%E8%95%8A%E8%B1%86%EF%BC%88%E3%81%97%E3%81%B9%E3%81%BE%E3%82%81%EF%BC%89%E3%80%80%E5%8C%85%E3%81%BF%E8%BE%BC%E3%81%BFA.jpg