2010年08月10日

紅白の水引に名の由来するミズヒキ

 水引とは贈答品や封筒に付けられる飾り紐のことである。慶事の場合、この水引は紅白のものが使われ、ミズヒキの花の名前はこの水引からきている。ミズヒキの蕾は赤い実のように見え、この蕾が開くと花の内側と下側が白くなる。この紅白の配色を水引に重ねて命名していて、考えたものである。葉の無い花茎が長く伸び、花茎に花がついていて、花が小さいのに加えて、風があると花茎が揺れ、花のマクロ写真を撮るのが難しい。開いた花の写真を拡大してみると、可憐な花である。

ミズヒキは 紅で整列 花蕾

%E3%83%9F%E3%82%BA%E3%83%92%E3%82%AD%E3%81%AF%E3%80%80%E7%B4%85%E3%81%A7%E6%95%B4%E5%88%97%E3%80%80%E8%8A%B1%E8%95%BEA.jpg

紅色に 白が加わり 開花なり

%E7%B4%85%E8%89%B2%E3%81%AB%E3%80%80%E7%99%BD%E3%81%8C%E5%8A%A0%E3%82%8F%E3%82%8A%E3%80%80%E9%96%8B%E8%8A%B1%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg