2010年08月18日

黒種草の別名のあるニゲラ

 花の名前は、いかにも外国の花という感じで、花姿も奇妙で、渡来の花の雰囲気を漂わせている。特に、実になる雌蕊の先の分岐が、先端で身を捩ったようになっていて、形が面白い。花の色は青紫や白で、花びらは八重咲で、針金を細工したような細い葉の上に咲いている。花が散り、実が大きくなってきても、実の先端の突起物は残っていて、この花を特徴づけている。大きく育った実の中には種子が詰まっていて、種子の色が黒いことから、クロタネソウ(黒種草)の別名もある。

花の先 捩る肢のあり ニゲラ花

%E8%8A%B1%E3%81%AE%E5%85%88%E3%80%80%E6%8D%A9%E3%82%8B%E8%82%A2%E3%81%AE%E3%81%82%E3%82%8A%E3%80%80%E3%83%8B%E3%82%B2%E3%83%A9%E8%8A%B1A.jpg

花の名は クロタネソウと 種子の色

%E8%8A%B1%E3%81%AE%E5%90%8D%E3%81%AF%E3%80%80%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%BF%E3%83%8D%E3%82%BD%E3%82%A6%E3%81%A8%E3%80%80%E7%A8%AE%E5%AD%90%E3%81%AE%E8%89%B2A.jpg