2010年10月03日

朝日の中の白花ホトトギス

 花のホトトギス(杜鵑)は、花弁の模様が鳥のホトトギスの胸毛のパターンに似ていることから命名されている。白花ホトトギスは花弁が白く、命名の基になったパターンが消えてしまっているので、ホトトギスの元の意味が無くなっているとも言える。ホトトギスの花の特徴の、花の中央で伸びた雌蕊が3裂し、それがさらに先端で分かれている。雄蕊は雌蕊の柱頭より少し低いところにある。白花が秋の朝日に映えて、模様の無い白花の魅力をアッピールしているように感じられる。

白花弁 隠れ蓑なり ホトトギス

%E7%99%BD%E8%8A%B1%E5%BC%81%E3%80%80%E9%9A%A0%E3%82%8C%E8%93%91%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%80%80%E3%83%9B%E3%83%88%E3%83%88%E3%82%AE%E3%82%B9A.jpg

花陰に 朝日漏れ来る ホトトギス

%E8%8A%B1%E9%99%B0%E3%81%AB%E3%80%80%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%BC%8F%E3%82%8C%E6%9D%A5%E3%82%8B%E3%80%80%E3%83%9B%E3%83%88%E3%83%88%E3%82%AE%E3%82%B9A.jpg

comments

comment form
comment form