2010年10月04日

赤の目立つオオベンケイソウの花

 オオベンケイソウ(大弁慶草)は渡来の多肉植物である。秋に入ると花をつける花房は大きい。観賞用として育てられていて、庭に植えられていると、目立つ花である。花の名前に弁慶がつくのは、葉を切り取って土に挿すと、根がでてくる元気なところを、弁慶になぞらえているためである。赤い小さな花が花房に集団になって咲いているところをマクロ撮影してみる。雄蕊が花弁より長くて、花の外に飛び出していて、これも弁慶のように元気が良いことを表しているようである。

秋の庭 ベンケイソウの 赤さかな

%E7%A7%8B%E3%81%AE%E5%BA%AD%E3%80%80%E3%83%99%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%82%A6%E3%81%AE%E3%80%80%E8%B5%A4%E3%81%95%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

弁慶の 元気の良さで 蕊の伸び

%E5%BC%81%E6%85%B6%E3%81%AE%E3%80%80%E5%85%83%E6%B0%97%E3%81%AE%E8%89%AF%E3%81%95%E3%81%A7%E3%80%80%E8%95%8A%E3%81%AE%E4%BC%B8%E3%81%B3A.jpg

comments

comment form
comment form