2010年10月04日

変わった名前のツキヌキニンドウ(突抜忍冬)

 この木花の名前は変わっている。「突抜」とあるのは、花に近いところの二枚の葉がくっつき、その接着部分の中央から枝が出て花を咲かせるためである。「忍冬」は常緑のスイカズラ(吸葛)の別名で、文字通り緑の葉で、冬に耐え忍ぶことからの命名である。蔓の枝の先に10個前後のラッパ状の赤橙色の花がある。この形から、トランペット・ハニーサックルの別名がある。道を歩いていて、この木花に初めてのように出会い、木の上の音のないラッパの演奏会を見ているようである。

蔓枝が 葉を突き抜けて 忍冬花

%E8%94%93%E6%9E%9D%E3%81%8C%E3%80%80%E8%91%89%E3%82%92%E7%AA%81%E3%81%8D%E6%8A%9C%E3%81%91%E3%81%A6%E3%80%80%E5%BF%8D%E5%86%AC%E8%8A%B1A.jpg

音の無き ラッパの演奏 秋の空

%E9%9F%B3%E3%81%AE%E7%84%A1%E3%81%8D%E3%80%80%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%91%E3%81%AE%E6%BC%94%E5%A5%8F%E3%80%80%E7%A7%8B%E3%81%AE%E7%A9%BAA.jpg

comments

comment form
comment form