2010年10月21日

金糸の雄蕊のキンシバイ(金糸梅)

 キンシバイを最初草花かと思っていたら、これは木花である。小低木であるため、草花と間違いやすいけれど、幹が生きていて毎年花が付く。インターネットで、北海道を除く日本各地に植えられている、との記述を目にするけれど、我が家の庭では咲いている。名前の金糸は、長い黄色の雄蕊を金糸になぞらえたためである。梅の方は花の形が梅の花に似ていることによっている。花が若い時は花弁が重なっているのが、開花が進むと花弁が分かれ、その5弁も秋には別れる準備である。

花若く 重なる花弁 金糸蕊(しべ)

%E8%8A%B1%E8%8B%A5%E3%81%8F%E3%80%80%E9%87%8D%E3%81%AA%E3%82%8B%E8%8A%B1%E5%BC%81%E3%80%80%E9%87%91%E7%B3%B8%E8%95%8A%EF%BC%88%E3%81%97%E3%81%B9%EF%BC%89A.jpg

秋深く 花弁別れの 咲き姿

%E7%A7%8B%E6%B7%B1%E3%81%8F%E3%80%80%E8%8A%B1%E5%BC%81%E5%88%A5%E3%82%8C%E3%81%AE%E3%80%80%E5%92%B2%E3%81%8D%E5%A7%BFA.jpg

comments

comment form
comment form