2010年10月27日

手稲山山頂のマイズルソウの実

 手稲山は標高1024mの山である。山腹にはスキー場やゴルフ場、遊園地が整備され札幌市民に親しまれている。山頂近くまでロープウェイがあって、これを利用すれば手軽に山頂に立ち、札幌市から小樽市、石狩湾まで見下ろせる。登山愛好家にも人気の山で、上の方はガレ場の登山道が続く山である。このガレ場をどうにか登って、頂上付近で休んでいる足元に、赤い実があるのに気がついた。マイズルソウの実のようである。葉のすっかり落ちた茎に実だけが残り、秋の陽に輝いていた。

ガレ場越え 休む足元 実の赤さ

%E3%82%AC%E3%83%AC%E5%A0%B4%E8%B6%8A%E3%81%88%E3%80%80%E4%BC%91%E3%82%80%E8%B6%B3%E5%85%83%E3%80%80%E5%AE%9F%E3%81%AE%E8%B5%A4%E3%81%95A.jpg

鶴の舞う 姿も消えて 実が一つ

%E9%B6%B4%E3%81%AE%E8%88%9E%E3%81%86%E3%80%80%E5%A7%BF%E3%82%82%E6%B6%88%E3%81%88%E3%81%A6%E3%80%80%E5%AE%9F%E3%81%8C%E4%B8%80%E3%81%A4A.jpg

comments

comment form
comment form