2011年03月26日

巨大な赤瓢箪に見えるTorch

 地下鉄南北線のさっぽろ駅から大通駅まで地下歩行空間(チカホコ)が開通した。基本的には地下通路で、通路の両側に休息や時にはイベントを行う空間が設けられている。このチカホコから日本生命札幌ビルの横に出る階段部分にTorchと題された豊嶋敦史作のオブジェが吊り下げられている。未来を照らす松明の意味を込め、赤い炎をイメージしている。制作者の意図とは別に、巨大な赤い瓢箪をぶら下げたように見える。ビルの壁の平面のガラスと、赤い楕円体の部分の対比が面白い。

面白き 形強調 ガラス壁

%E6%9D%BE%E6%98%8E%E3%82%92%E3%80%80%E6%84%8F%E5%9B%B3%E3%81%99%E3%82%8B%E5%BD%A2%E3%80%80%E8%B5%A4%E7%93%A2%E7%AE%AAA.jpg

松明を 意図する形 赤瓢箪

%E9%9D%A2%E7%99%BD%E3%81%8D%E3%80%80%E5%BD%A2%E5%BC%B7%E8%AA%BF%E3%80%80%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%B9%E5%A3%81A.jpg

comments

comment form
comment form