2011年05月26日

今朝(5月26日)の一枚

漏れ来る 木の間の朝日 リンゴ花

 天気の良い朝は、太陽が昇ってくる前に被写体になる場所を探そうとしていて、太陽に先を越されてしまっている。桜に比べると大き目の木花が綻び始めている。リンゴの花である。遠くの木の間から漏れてくる朝日が、月のように写っている。

%E6%BC%8F%E3%82%8C%E6%9D%A5%E3%82%8B%E3%80%80%E6%9C%A8%E3%81%AE%E9%96%93%E3%81%AE%E6%9C%9D%E6%97%A5%E3%80%80%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B4%E8%8A%B1A.jpg

comments

コメントを入力してください
最初も、その後も何度見ても月に見えますが、確かに月と見る方が可笑しいようです。
もう一つは、縦咲きのリンゴの花ですが、これも、秋の重いリンゴをイメージしているせいか、花軸は垂れ下がっていて当然と思っていたようです。
秘境プログを見て、これまでに固定されていたイメージとは随分違うなーと新発見したり実感する事はしばしばありますが今朝のように1枚の絵から2箇所も目が点になったのは初めてかもしれません。

  • 伊東 裕
  • 2011年05月26日 19:07

 写真は朝日全体を撮っているのではなく、木の間から漏れてくる朝日を撮っているので、それがボケると円形になるようです。陽の光が弱いので、このような色になるのでしょう。
 リンゴの花は横を向いたり、下を向いたりで向きは様々です。リンゴの花は、一つひとつを観賞の対象にしても、充分耐えうる木花です。

  • 探検隊長
  • 2011年05月26日 19:59
comment form
comment form