2012年10月17日

今日(10月17日)の一枚

極小の 文字を重ねて “珍”百景  

 新聞のテレビ番組欄にHTB[「イチオシ」の見出しに「北海道“珍”百景特集 極小の世界にも発見」とある。以前中国出張時に成都市で米粒に自分の名前を書いてプラスチックに封じ込めたものを携帯のストラップにしていてマクロ撮影してみる。

comments

HTBイチオシ、ちょうど観ました。 小さな小さな急須で、お茶を飲むところでした。 まさか、お試しのシーンで出演になるとは、思いもよらず、封印されたキーホルダー内の文書の話かと思っていましたから、?!?!です。 いろいろなことを要請されるのですね、テレビ取材では、でも、それを楽しまれているようですね。

  • 山城謙二
  • 2012年10月17日 16:45

山城様 テレビを視ていただきましたか。テレビ取材では急須とセットになっている小さな湯呑みでお茶を舌の上に垂らしたのですが、これはテレビ放送でもコメントしたようにお茶の味なんかは全然せず、少し湿り気を感じた程度でした。それにしても、世の中にはこんな小さな焼き物を作る人が居るとは、と感心しています。

  • ブログ子
  • 2012年10月17日 18:00

製作過程を観て、本当にびっくりでした。 本物と同じ工程なのですね、轆轤を使い、一時乾燥、各部接合、乾燥と削り、焼くことは当然ですが、出来上がると、急須の口からお茶が、本当にびっくりです。 余り小さいと、大抵は型枠に入れて成型、外観ばかりなのですが、 びっくり。  展示会があるそうですが、製作過程をIPADで、放映してほしいです。

  • 山城謙二
  • 2012年10月17日 20:40

 手作りなのですごいですね。ブログ子豆本を出版しているので、小さな物を作りたくなる気持ちは理解できます。この小さな陶芸作品は販売されているようですが、当然ながらよい値段です。

  • ブログ子
  • 2012年10月17日 21:23
comment form
comment form