2012年10月31日

日光の旅⑥

結構と 呟いて見る 陽明門

 日光東照宮の一番の見所は陽明門である。一日見ていても飽きないことから「日暮の門」の別称があるのは良く知られている。国宝である。門の前では観光客が次々と石段を登ってくるので、石段正面のところではパノラマ写真撮影が難しい。そこで、正面の脇のところでパノラマ写真撮影である。唐獅子や麒麟のような動物や装飾の庇の部分が幾重にも重なっていて、詳しくは見ていられない。この点パノラマ写真では視界を移動させ、ズームインやズームアウト操作で見てゆけるので、旅行後に再度見るのに適した写真技術である。正面に掲げられた額には「東照宮大権現」の文字があり、大権現とはここに祭られている徳川家康を指している。



comments

comment form
comment form