2012年11月04日

今日(11月4日)の一枚

雨風(あめかぜ)に 撮る気吹き飛び 日の終わり 

 雨風の一日である。写真は窓から撮ったこの一枚だけである。屋根が入らず、電線も写らず、青空の下なら紅黄葉で彩られる山際の写真も見栄えがするだろうに、今日の天気と、部屋から出たくない状況では、二枚目を撮る気力も失せている。


comments

コメントを入力してください
i確かに私の住まい近くの公園の紅葉は昨夜来の雨風で盛りは過ぎましたが、たとえ視野に、かすかに電線写っていたり、青空でなく雨天であっても季節的には初雪が舞う冬空でもなく、おまけに住宅の屋根が入っていても、つまり都市部でこれほどの紅葉を撮れるとは、今朝の紅葉の一枚は、クリプトン・ヒューチャー・メデイアの伊藤社長の持論である北海道の観光資産は微動もせず、逆に評価を高めた一枚のように思います。

  • 伊東 裕
  • 2012年11月04日 22:16

コメントを入力してください
高齢のパソコンの作動が余りにもスローで、ついつい投稿キーを二度押ししたようです。
何時も済みませんが重複分を抹消して下さい。

お願いですが、月例のeSRUのご案内が必ず文字化けしますので、お手数をお掛けしますが直接メールでお願い致します。
本コメント欄は抹消を宜しくお願い致します。

  • 伊東 裕
  • 2012年11月04日 22:29

伊東さん 重複したコメントは一方を消しておきました。
 住宅地に黄葉林が迫る、あるいは黄葉林に住宅地が侵入する大都会札幌の自然の一部を切り取った一枚になっているかもしれません。山麓に住むのは、雪の降る地方では冬季の坂道の車の問題などがありますが、見晴らしの上からはよい場所です。
 eSRUの案内はeSRUのブログに載せた案内をコピーしてメーリングリスト宛でBCCで送っていますので、文字化けしたメールが届けば、eSRUのブログを見ていただければよろしいかと思います。

  • ブログ子
  • 2012年11月05日 01:48
comment form
comment form