2013年06月18日

今日(6月18日)の一枚

郭公の 鳥形無くて 八重の花 

 カッコウセンノウの花が咲いている。鳥のカッコウに因んだ花名は、PCのホルダーにしまってあった写真から再確認である。庭にある花なので、写真に撮って「爪句」を詠んでいるはずであるけれど、どんな句であったかすっかり忘れている。

%E9%83%AD%E5%85%AC%E3%81%AE%E3%80%80%E9%B3%A5%E5%BD%A2%E7%84%A1%E3%81%8F%E3%81%A6%E3%80%80%E5%85%AB%E9%87%8D%E3%81%AE%E8%8A%B1A.jpg

comments

コメントを入力してください
季節の鳥の名を冠した花の名は珍しく、花も綺麗で句もいいですね。

  • 伊東 裕
  • 2013年06月18日 20:43

 この花は一重のものが花の形が面白いです。その形がカッコウの飛び姿に似ているとか、カッコウの鳴く頃に咲くからとか、花名の由来は諸説あるようです。

  • ブログ子
  • 2013年06月18日 22:25
comment form
comment form