2013年07月29日

爪句@今日(7月29日)の一枚

紙面上 理解はみ出し 知の世界

 新聞の全面に北大の先生達が黒板前に立った写真と、どんな研究を行っているかの説明が載っている。北大も新聞を使って大学宣伝を行う時代になったかと、驚く。高校への出前講義の宣伝で、高度な研究が高校生に理解してもらえるだろうか。

%E7%B4%99%E9%9D%A2%E4%B8%8A%E3%80%80%E7%90%86%E8%A7%A3%E3%81%AF%E3%81%BF%E5%87%BA%E3%81%97%E3%80%80%E7%9F%A5%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8CA.jpg

comments

コメントを入力してください
13人の教授がそれぞれ掲げる最先端科学技術テーマは概略説明文だけでも難解ですから、これを解り易く学内で講義したり、さらにレベルを下げて一般高校生対象に公開講座や出張講義するご苦労は並大抵でなかろうかと思います。
[理解はみだし‥」に同感です。

  • 伊東 裕
  • 2013年07月30日 19:07

 以前は考えられなかった事ですが、大学(北大)の先生が高校まで出向いて、高校生を相手に分かりやすい講義(お話)をするのです。私には経験がありません。

  • ブログ子
  • 2013年07月30日 20:47
comment form
comment form