2015年01月28日

シリーズ1673・「パノラマ写真」ここはどこ

 林の中に線路跡があります。さて、ここはどこの廃線跡?


1673%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%A9%E3%83%9EW%E6%9E%97%E3%81%AE%E4%B8%AD%E3%81%AE%E5%A3%AB%E5%B9%8C%E7%B7%9A%E8%B7%A1A.jpg

comments

コメントを入力してください
緑一色の鬱蒼とした森の中ですが、パノラマ写真に上士幌町が設定した三方向への道程標がありましたので、この廃線は士幌線とわかりました。
手元の北海道道路地図を広げますと、上士幌線は、帯広駅を基点に終点の三股駅までに20もの廃駅と、途中に貴重なコンクリートアーチ橋梁群を有し、この中に道程標の五の澤橋梁と三の澤橋梁が有るとの推測です。
東大雪とは、白滝などの裏大雪に対比した呼称のようです。
有名なタシュウべつ橋梁も含むとすれば、鉄道フアンにとっては一度は訪れて見たい廃線と思いますが、私のような徒歩人類に取っては、夢の又夢です。

  • 伊東 裕
  • 2015年01月28日 12:15

 このパノラマ写真はタウシュベツ橋梁を撮りに行った時のものです。旧士幌線跡を横切っていくと糠平湖の展望台に出て、この人工湖を眺めることができます。鉄道跡は鉄道が無いので自動車で行くより他なく、運転に自信のないブログ子は一人では行けません。

  • ブログ子
  • 2015年01月28日 13:21
comment form
comment form