Search


Archives

2015年03月25日

N14砂金産出を伝えている駅名の金山駅

 地名の金山は文字通り金の産出を意味している。駅は南富良野町にあり、金山の名前は砂金が採れたことに由来している。この地域の開拓は砂金採取で始まっていると言われている。駅舎内には固定椅子があるだけで、壁に「全中部北海道ナンバーワン入選」の文字いりの賞の鏡があるけれど、何のコンテストかわからない。主催団体と思われる新聞社「北海タイムス社」は今は無い。山間部にある駅の駅舎は比較的大きい。この駅から線路と国道は分かれ、根室本線は東に向かい、国道237号は南に向かう。

金山は 砂金採取の 白昼夢

%E9%87%91%E5%B1%B1%E3%81%AF%E3%80%80%E7%A0%82%E9%87%91%E6%8E%A1%E5%8F%96%E3%81%AE%E3%80%80%E7%99%BD%E6%98%BC%E5%A4%A2A.jpg

鏡中(かがみなか) 文字を読み解く 駅舎壁


%E9%8F%A1%E4%B8%AD%EF%BC%88%E3%81%8B%E3%81%8C%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%8B%EF%BC%89%E3%80%80%E6%96%87%E5%AD%97%E3%82%92%E8%AA%AD%E3%81%BF%E8%A7%A3%E3%81%8F%E3%80%80%E9%A7%85%E8%88%8E%E5%A3%81A.jpg

comments

comment form
comment form