Search


Archives

2015年04月06日

N35ホームにランプ用油貯蔵庫の残る浦幌駅

 浦幌駅前は再開発が行われ、ロータリが囲むコスミック広場と銘打たれた広場があり、駅前通が延びている。通りに面し町の多目的施設のコスミックホールがある。駅は有人で駅舎はこの辺りでは規模が大きい。対面式のホームがあり跨線橋でつながっている。豊幌町、音別町、白糠町を通る根室本線はおおまかに東西に延びる路線であるけれど、浦幌駅では南北に線路が延びる。ホームにはレンガ造りの小屋があり、明治時代に建てられた、灯りためのランプ用油を貯蔵していたもので、パノラマ写真に写っている。

駅名の 赤文字映える 駅舎なり

%E9%A7%85%E5%90%8D%E3%81%AE%E3%80%80%E8%B5%A4%E6%96%87%E5%AD%97%E6%98%A0%E3%81%88%E3%82%8B%E3%80%80%E9%A7%85%E8%88%8E%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

油小屋 レンガ造りの 遺構なり


%E6%B2%B9%E5%B0%8F%E5%B1%8B%E3%80%80%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%AC%E9%80%A0%E3%82%8A%E3%81%AE%E3%80%80%E9%81%BA%E6%A7%8B%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

comments

comment form
comment form