Search


Archives

2015年04月10日

N43ホームにキロ程看板のある西庶路駅

 西庶路駅は屋根の構造が複雑で、屋根も緩い勾配で、多雪・豪雪地帯では見られない。この辺りでは雪が少ないのでこのような造りとなったのだろう。駅前に公衆電話ボックスがあるけれど、これはほとんど使われないのではなかろうか。以前は簡易委託駅であったが、現在は無人駅である。島式ホーム1面2線が使われていて、屋根無し跨線橋で島ホームに渡る。跨線橋とは別に連絡橋もあり、これは白糠駅と同じ配置である。ホームに「289」のキロ程の看板があり、起点の滝川駅から289 Km来たことを示している。

複雑な 屋根構造や 少雪地

%E8%A4%87%E9%9B%91%E3%81%AA%E3%80%80%E5%B1%8B%E6%A0%B9%E6%A7%8B%E9%80%A0%E3%82%84%E3%80%80%E5%B0%91%E9%9B%AA%E5%9C%B0A.jpg

キロ程の 数字語りて 長路線


%E3%82%AD%E3%83%AD%E7%A8%8B%E3%81%AE%E3%80%80%E6%95%B0%E5%AD%97%E8%AA%9E%E3%82%8A%E3%81%A6%E3%80%80%E9%95%B7%E8%B7%AF%E7%B7%9AA.jpg

comments

comment form
comment form