Search


Archives

2015年04月11日

N45駅前に釧路種の馬の像のある大楽毛駅

 大楽毛の駅名を「おたのしけ」と正確に読むのは、最初は無理だろう。この駅名(地名)はアイヌ語の浜(オタ)の中央(ノシケ)に漢字を当てはめている。駅舎と施設がつながった建物の中央部分が待合所で、向かって右側が釧路市の支所、左側が食堂となっている。無人駅でも駅待合室は広い。駅前に釧路種の銘板のある馬のブロンズ像があり、これは戦前この地で軍馬が育成され、駅から運ばれたことによっている。ホームに出てみると跨線橋があり、島ホームにつながっていて、このホームが利用されている。

釧路種の 軍馬像あり 大楽毛

%E9%87%A7%E8%B7%AF%E7%A8%AE%E3%81%AE%E3%80%80%E8%BB%8D%E9%A6%AC%E5%83%8F%E3%81%82%E3%82%8A%E3%80%80%E5%A4%A7%E6%A5%BD%E6%AF%9BA.jpg

客が皆 上り下りする 跨線橋


%E5%AE%A2%E3%81%8C%E7%9A%86%E3%80%80%E4%B8%8A%E3%82%8A%E4%B8%8B%E3%82%8A%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%80%E8%B7%A8%E7%B7%9A%E6%A9%8BA.jpg

comments

comment form
comment form