2015年04月15日

N51アイヌ語で「小川」を意味する“別保”駅

 別保とは耳慣れない地名である。これもアイヌ語が語源で「ペッ(川)ポ(小)」で別保川を指している。別保駅は国道44号沿いにあり、外壁が白く、駅舎内は黒い壁になっている。窓が多く内に居ても開放感のある駅舎である。壁に「別保駅」という歌詞が額入りで飾ってある。地元のバンドが歌っている歌で、歌詞の中には「釧路駅から210円」がリフレインになっている。今は消費税アップで220円となる。ホームに出てみると、1面1線である。駅の南北をつなぐ連絡橋がホームの頭上にあり、錆が目立つ。

白壁に ゴシック文字で 駅舎かな

%E7%99%BD%E5%A3%81%E3%81%AB%E3%80%80%E3%82%B4%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E6%96%87%E5%AD%97%E3%81%A7%E3%80%80%E9%A7%85%E8%88%8E%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

陽弱く くすんだ景の 別保駅


%E9%99%BD%E5%BC%B1%E3%81%8F%E3%80%80%E3%81%8F%E3%81%99%E3%82%93%E3%81%A0%E6%99%AF%E3%81%AE%E3%80%80%E5%88%A5%E4%BF%9D%E9%A7%85A.jpg

comments

comment form
comment form