2015年04月15日

N52駅舎内に駅の模型が置かれている上尾幌駅

 上尾幌駅は尾幌川の上流にあることから名づけられており、駅の所在地の厚岸町大字苫多村に尾幌の地名は含まれていない。上尾幌駅の周辺には集落があり、かつては炭鉱の町として栄えた歴史がある。駅舎は大きく、一部が待合室として使われている。この待合室内に駅舎全体の模型が置かれている。2面2線の単式と島ホームがあり構内踏切で行き来する。駅の北側には厚岸町の「きのこ菌床センター」の建物があり、生椎茸栽培用の菌床の供給販売が行われている。線路を越えてこのセンターに抜ける道はない。

駅舎内 駅を縮めた 模型あり

%E9%A7%85%E8%88%8E%E5%86%85%E3%80%80%E9%A7%85%E3%82%92%E7%B8%AE%E3%82%81%E3%81%9F%E3%80%80%E6%A8%A1%E5%9E%8B%E3%81%82%E3%82%8AA.jpg

駅の北 抜ける道無く 菌床舎


%E9%A7%85%E3%81%AE%E5%8C%97%E3%80%80%E8%A1%8C%E3%81%8F%E9%81%93%E3%81%AE%E7%84%A1%E3%81%8F%E3%80%80%E8%8F%8C%E5%BA%8A%E8%88%8EA.jpg

comments

comment form
comment form