2015年05月01日

SN7標津線の名残のある標茶駅

 この駅はかつて標津線の起点駅であった。ホームは単式と島式の2面3線で、跨線橋で島式ホームに渡る。島式ホームに標茶町の木である楢を削って「標津線起点」と書かれた記念標識がある。レールを曲げて鐘を吊るした「C11171ふるさとの鐘」のモニュメントもあり、SL冬の湿原号が停まる駅でもある。業務委託駅であり窓口業務が行われている。駅舎の天井からはタンチョウの模型が吊り下げられており、釧路湿原観光の拠点駅をアッピールしている。列車を待つ地元客は頭上のタンチョウには目もくれない。

楢柱 ここが起点と 標津線

%E6%A5%A2%E6%9F%B1%E3%80%80%E3%81%93%E3%81%93%E3%81%8C%E8%B5%B7%E7%82%B9%E3%81%A8%E3%80%80%E6%A8%99%E6%B4%A5%E7%B7%9AA.jpg

地元客 頭上タンチョウ 目もくれず


%E5%9C%B0%E5%85%83%E5%AE%A2%E3%80%80%E9%A0%AD%E4%B8%8A%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%80%80%E7%9B%AE%E3%82%82%E3%81%8F%E3%82%8C%E3%81%9AA.jpg

comments

comment form
comment form