2015年06月10日

連想を逞しくして命名のホソサビキコリ

 デージーの花に虫が取り付いていて、最初カメムシの一種かと思ってよく見るとサビキコリである。それも身体が細めのホソサビキコリのようである。虫の名前には言われてみなければどうしてその名前になったのか分からないものがある。サビキコリはその漢字名が錆木樵で、身体の色が木樵の斧の錆色と似ているところに由来している。この連想はかなりの飛躍があると思われるけれど、名の由来を知ると覚え易い。コメツキムシの仲間で、コメツキムシの種類は多く同定が難しい。

名の由来 木樵の斧の 錆の色

%E5%90%8D%E3%81%AE%E7%94%B1%E6%9D%A5%E3%80%80%E6%9C%A8%E6%A8%B5%E3%81%AE%E6%96%A7%E3%81%AE%E3%80%80%E9%8C%86%E3%81%AE%E8%89%B2A.jpg

デージーに サビキコリ居て 翅運動

%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%81%AB%E3%80%80%E3%82%B5%E3%83%93%E3%82%AD%E3%82%B3%E3%83%AA%E5%B1%85%E3%81%A6%E3%80%80%E7%BF%85%E9%81%8B%E5%8B%95A.jpg

comments

comment form
comment form