2015年07月18日

今日(7月18日・その2)の一枚

狭き土地 国有農地 不思議なり

 西野川の源まで足を延ばし写真を撮った帰り道で、倒れかかった「国有農地」の看板を目にする。住宅と小さな公園に挟まれ家が建つスペースもない土地が、どうして国有農地になっているのか皆目見当がつかない。大都会のミステリーである。


%E7%8B%AD%E3%81%8D%E5%9C%9F%E5%9C%B0%E3%80%80%E5%9B%BD%E6%9C%89%E8%BE%B2%E5%9C%B0%E3%80%80%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BCA.jpg

(パノラマ写真)

comments

昭和20年から40年にかけての地形図では、この辺一帯は「田」です。(現在の西野川と琴似発寒川の間の標高127ⅿあたりから低地が「田」)
そこで、土地が細長い直線である点から、水田の用水路が暗渠となったのではないかと推測しました。

  • ことにん
  • 2015年07月18日 19:54

 水田の用水路というのも可能性ありですか。しかし、現在は国有地として残しておく必要もないと思う狭い土地で、不思議です。国有財産台帳にでも載っているのですかね。

  • ブログ子
  • 2015年07月18日 21:53
comment form
comment form