Search


Archives

2015年10月21日

S9三浦綾子の小説で知られる塩狩駅

 三浦綾子の小説「塩狩峠」に描かれた、当時の鉄道院職員長野雅夫の殉職の駅で知られている。キリスト教徒の長野は、駅近くの塩狩峠で連結器が外れ暴走しかかった客車の下に身を投げて列車を止めた。駅近くに長野の顕彰碑と塩狩峠記念館・文学碑がある。駅構内は千鳥式の2面2線で、駅舎前のホーム部分は線路面と同じ高さで、駅舎が階段付きで高くなっている。何かの理由で駅舎前のホームが削り取られたように見える。駅舎内は中央に四角のベンチがあるだけで、天井の煙突があっても客のストーブ用ではないようだ。

小説を 思い起こして 駅舎内


S9%E5%A1%A9%E7%8B%A9%E9%A7%85%E8%88%8E%E5%86%85A.jpg

片ホーム 高さの無くて 千鳥式


S9%E5%A1%A9%E7%8B%A9%E9%A7%85%E6%A7%8B%E5%86%85A.jpg

comments

comment form
comment form