2015年10月06日

SH33メルヘンチックな駅舎の端野駅

 駅舎は外国風のメルヘンチックなものである。建物は駅舎の他に「きたみ市商工会」の物産センターが併設された複合施設である。端野町は北見市と合併したため、駅舎に北見市の施設がある。駅前広場に「シンフォニー」と題された彫像があり、駅舎の雰囲気に合わせている。駅待合室内に大きな端野自治区のイラストマップがある。ホームに出ると相対式の2面2線である。ホーム間に構内踏切がある。駅の出入口は線路の東側にあり、線路を越えて西側に国道39号が延びている。しかし、駅から直接西側へ渡る道は無い。

端野駅 メルヘンチックな 駅舎なり



%E7%AB%AF%E9%87%8E%E9%A7%85%E3%80%80%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%AA%E3%80%80%E9%A7%85%E8%88%8E%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

ホームには 丸太の花壇 並びたり


%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%81%AB%E3%81%AF%E3%80%80%E4%B8%B8%E5%A4%AA%E3%81%AE%E8%8A%B1%E5%A3%87%E3%80%80%E4%B8%A6%E3%81%B3%E3%81%9F%E3%82%8AA.jpg

(パノラマ写真 2014.6.21) 

comments

comment form
comment form