2015年11月02日

S28外壁の塗装の傷みが激しい紋穂内駅待合所

 紋穂内とは変わった地名である。アイヌ語の「モム ポ ナイ(川尻に原野のある川)」が転訛したと言われている。林業が盛んだった時代には、周辺で産出した木材の出荷駅として規模が大きく、木造駅舎もあった。現在は車掌車改造の待合所がかつての駅舎跡に置かれている。ホームは1面の1線のみである。待合所の外壁は塗装がひび割れていて保守の手抜きが伺える。それでも待合所内は整理整頓が見て取れる。木製ベンチがあっても、駅ノートは置かれていなかった。ここから稚内駅まで似た車掌車改造待合所が現れる。

駅名に ひび割れかかり 紋穂内


S28%E7%B4%8B%E7%A9%82%E5%86%85%E9%A7%85%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0A.jpg

予想より 整理整頓 為されたり


S28%E7%B4%8B%E7%A9%82%E5%86%85%E9%A7%85%E8%88%8E%E5%86%85A.jpg

(パノラマ写真 2013.8.12)

comments

comment form
comment form