2015年11月09日

S41塗装が剥げて無残な姿の駅待合所の安牛駅

 駅名(地名)に漢字の「牛」が付くのを見かける。アイヌ語の「ウシ(所)」に漢字の「牛」を当てはめている。駅名にある「安」の方はアイヌ語の「ヤシ」(網引き)で、近くの天塩川に遡るサケを捕る網引きを言っている。駅前に道道256号から分かれた道路はあるものの人家はなく、牧草地と原野のなかに安牛駅の車掌車改造待合所がある。待合所の塗装は剥がれ、無残な姿を晒している。この手の待合所は外見も内部も似たり寄ったりで、待合所内の壁にある時刻表を見ると上り3便、下り3便である。ホームは1面1線である。

道止まり 駅待合所 無残なり


S41%E5%AE%89%E7%89%9B%E9%A7%85%E5%89%8DA.jpg

安牛は 鮭に由来の 地名なり


S41%E5%AE%89%E7%89%9B%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0A.jpg

(パノラマ写真 2013.8.12)

comments

comment form
comment form