2015年11月13日

S48ホームから兜沼が見える兜沼駅

 駅名の兜沼は駅近くにある沼で、形が兜に似ていることから命名されている。しかし、航空写真で沼の形を見て、どう見ると兜の形なのか首を捻る。駅の西側の沼の近くに兜沼公園オートキャンプ場がある。駅舎正面右寄りに玄関があり、腰折れの三角形庇がある。兜をイメージしてこの形にしたのかもしれない。駅舎内には椅子が4脚あり掃除用具が置かれている。ホームは2面2線で構内踏切がある。ホームから兜沼が見えるのだが、伸びた夏草で沼の景色が遮られ、あまりよく見えない。駅近くに「兜沼郷土資料室」がある。

兜沼 庇兜似 駅舎なり


S48%E5%85%9C%E6%B2%BC%E9%A7%85%E8%88%8EA.jpg

兜沼 一部が見えて 駅ホーム


S48%E5%85%9C%E6%B2%BC%E9%A7%85%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0A.jpg

(パノラマ写真 2013.8.12)

comments

comment form
comment form