Search


2016年04月21日

道新文化センター講座2016年第2回目(4月20日)

 都市秘境散策講座の2回目はスペイン国名誉領事館訪問である。名誉領事館は北洋銀行本店内にあり、名誉領事は同行会長の横内龍三氏である。北洋銀行本店ビルの2Fの入口で横内氏の出迎えを受け、横内氏に役員室のある11Fで名誉領事として名誉領事館の説明と質疑応答を1時間程度行っていただく。


%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%9B%BD%E5%90%8D%E8%AA%89%E9%A0%98%E4%BA%8B%E9%A4%A8%E3%81%AE%E7%B4%B9%E4%BB%8BA.jpg

(パノラマ写真:スペイン名誉領事館)

 横内氏は日銀勤務時代、ドイツで仕事をされ、スペインにも行かれた経験がある。スペインに関する関わりなどを話していただく。名誉領事館の「名誉」は経費を全額日本側で持つという意味に訳することもできるとの事である。主な業務は在日スペイン人のパスポート更新受付業務、緊急時の支援、情報提供サービス、文化・経済交流の支援等である。
 質問が色々出て、訪問終了後、その日の内に横内氏からメールで回答が寄せられた。質問と回答を列記すると
質問)1
在北海道のスペイン人は何人?
回答)1
32人(在留届提出ベース)
※在留届の提出に法的な義務はありませんので、
 実際の居住者これ以上いる可能性もあります。
質問)2
イスパニアはいつ、スペインに?
回答)2
・イスパニアはラテン語で、ローマ帝国に支配されていた当時(7世紀頃まで)に
 使用されていたもの
・その後、10世紀頃以降にエスパーニャ(スペイン語)と呼ばれるようになり、今に
続く。
・日本では、スペイン語の発音に準じて永く「エスパニア」としてきたが、
 明治以降は英語の発音に準じて「スペイン」を使用している
 →つまり、日本側が勝手に呼び方を変えただけのようです。
質問)3
国旗の赤と黄の意味
回答)3
有力説)黄色は、「豊かな国土」、赤色は「外敵を撃退した時に流れた血」を象徴
別の説)昔の戦争は船を使用することが多かったので、遠くからの視認性に優れた
色合いとすべく、赤と黄色の組み合わせとなった。
 名誉領事館を訪問し、質疑を通してスペインが身近に感じられるようになった。
%E6%A8%AA%E5%86%85%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%9B%BD%E5%90%8D%E8%AA%89%E9%A0%98%E4%BA%8BA.jpg
(名誉領事館の紹介をする横内氏、横内氏の左側に写っている国際部担当部長の矢嶋洋一氏が大連の北洋銀行のオフィスに勤務されていた頃大連でお会いしている。)

 スペイン国名誉領事館を辞して、歩いて日本基督教会札幌教会までゆく。平日はこの教会の中には入ることが出来ず、外側を見るだけとなる。


2140%E3%83%BB%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9F%BA%E7%9D%A3%E6%95%99%E5%9B%A3%E6%9C%AD%E5%B9%8C%E6%95%99%E4%BC%9A%E7%A4%BC%E6%8B%9D%E5%A0%82A.jpg

(パノラマ写真:日本基督教団札幌教会)

 教会からさらに歩いて北海道教育大学アーツ&スポーツ文化複合施設(HUG)を見学。同大学のスタッフの南俊輔氏が対応してくれる。展覧会が行われていない期間で、軟石がむき出しになっている壁に囲まれた空間があるでけだった。


2148%E3%83%BBHUG%282016_4_20%29A.jpg

(HUG内での参加者のパノラマ写真)

 最後はホテルクラビーサッポロからサッポロファクトリーまでの地下通路にある「やじうまFactory」をみる。20名居た参加者の一人もこの通路を通った事がないのは予想外だった。

%E3%82%84%E3%81%98%E3%81%86%E3%81%BEFactoryA.jpg
(やじうまFactory)


comments

私はスペインに行ったことがありません。
知っているスペインはTVのドキュメンタリー番組や小説や映画でだけです。
でもお話を聞いて行ってみたい国の1つになりました。

余談ですが、イタリアサルディニア島と空知地方の形、本当にそっくりでびっくりです!

  • nao
  • 2016年04月21日 19:07

naoさん ブログ子はスペインに行ったことがあり、スペインから英領ジブラルタルに入国しました。ジブラルタルの港町でスケッチをした思い出があります(2001年)。そのスケッチも載せた画文集を出版しています(2004年)。スペインは又行ってみたい国です。

  • ブログ子
  • 2016年04月21日 22:37

拙者は、恥ずかしながらスペインに関してはサグラダファミリア教会と闘牛くらいしか興味がありありませんというか、知識を持ち合わせていません。しかもツアーには闘牛観戦が入っていません。昨夕も生きた毛ガニを買ってきて、爪に挟まれそうになりながら、お湯に入れてもがくカニを美味しく頂きましたので、人間に対する残酷な行為以外は割りと平気みたいです。家に浸入してきた虫も高圧電気をかけて、香ばしい匂いがするまで焼きます。だって修士までは電気工学でしたもの(*^_^*)
いろんな経緯があって(本当は、それぞれ中学と高校を卒業したばかりの娘らと、合法的にビールで乾杯したかっただけかもしれませんが^o^ )、先月の家族旅行先はドイツになったのです。でも乾燥した場所で札幌並み以上に寒く、南の方に行ったら雪が降るなどして、中耳炎で苦しんだりiPad等の忘れ物をたくさんして散々でした。海外旅行保険に入っていて助かりました。イタリア旅行でも骨折で保険のお世話になり、保険屋には、悪いお客さんになりそうです。保険屋は大赤字ですから。ヨーロッパ方面でテロの可能性が低そうで、3月でも暖かそうなので夫婦旅行先の1つに入れます。他に観光が楽しく安全でお勧めの国はありますか?
今日はこれからリアルマリオカートで厚田の夕日の丘まで行き、途中で5区の投票に寄る予定です(*^_^*)

  • マリオ??
  • 2016年04月24日 07:46

>マリオ??さん サグラダ・ファミリア教会とはガウディが建築を始めた例の教会ですね。ブログ子は見たことがありません。
 それなら魚の生き作りは食べられますね。外国人にはこれは残酷に見えるようです。
 観光ならカナダがお勧めです。街を楽しむならバンクーバーとかケベック。自然ならレンタカーでカナディアン・ローキーを横断するとかナイアガラフォールを越えるとか。
 石狩市も五区の選挙区ですか。札幌市の厚別区も含まれ、この選挙区広いですね。さて、結果はどうなりますか。

  • ブログ子
  • 2016年04月24日 13:30
comment form
comment form