Search


Archives

2019年03月27日

シリーズ1019・「パノラマ写真」ここはどこ

SLの 追っかけ訪れ 店休み

 駅近くに湖があり、野鳥の観察や撮影で訪れる人が列車を利用したりする。相対式の2面のホームと2線を有していて、ホーム間に構内踏切がある。ログハウスを模した駅舎で、内に喫茶店がある。SLの追っかけで訪れた時、店は休業中だった。(2013・1・9)


1019%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%A9%E3%83%9EW%E5%A1%98%E8%B7%AF%E9%A7%85%E8%88%8E%E5%86%85A.jpg

comments

コメントを入力してください
列車時刻表とかポスター類にヒント駅名は幾つも有るのですが読み取れず、普通運賃表の図形から推察しました。
釧網線とおぼしきラインの4番目辺りが赤く表示されており、塘路と推計しました。  
常識的には、駅なか喫茶店は、中規模以上駅と思うのですが、ポスターの種類がSLの雄姿とかタンチョウ関係が目立ち、喫茶店は繁盛する筈との確信です。

  • 伊東 裕
  • 2014年01月30日 22:43

 SL湿原号が走っている日は、鉄道ファンがSLの追いかけを行っていて、塘路駅舎やその周辺にもカメラを手にした人がいたので駅舎内の喫茶店を開いていてもよさそうに思いました。しかし、鉄道ファンはお茶を飲んだり、食事をしたりする暇があればSLを追いかけたり、写真を撮ったりに一生懸命で、開店していても商売にはならないのかもしれません。

  • ブログ子
  • 2014年01月31日 06:12
comment form
comment form