2008年05月20日

ツツジ花 博物館の 広告塔

 博物館前には見事なツツジが正面玄関の左右にあり、ツツジの季節には人目を惹く。このツツジはクロフネツツジで、理学部創立50周年記念で植樹されたものである。ツツジの女王とも呼ばれるだけあって、満開時に桃色の花が木全体を覆っている姿は、博物館の前を通る人の目を惹き、この季節博物館へ誘い込む一番の広告塔にも見えてくる。満開の季節を過ぎると花の散った枝には新緑が顔を出し、地面もまた緑の芝生の上に散った花びらがあり、緑色と桃色が交錯している。

%E3%83%84%E3%83%84%E3%82%B8%E8%8A%B1%E3%80%80%E5%8D%9A%E7%89%A9%E9%A4%A8%E3%81%AE%E3%80%80%E5%BA%83%E5%91%8A%E5%A1%94A.jpg

緑桃(りょくとう)の 色の配色 枝と地に

%E7%B7%91%E6%A1%83%EF%BC%88%E3%82%8A%E3%82%87%E3%81%8F%E3%81%A8%E3%81%86%EF%BC%89%E3%81%AE%E3%80%80%E8%89%B2%E3%81%AE%E9%85%8D%E8%89%B2%E3%80%80%E6%9E%9D%E3%81%A8%E5%9C%B0%E3%81%A8A.jpg

comments

comment form
comment form