2008年08月22日

ルリダマアザミ(瑠璃玉薊)

 ルリタマアザミは花のつぼみの時には棘状の突起が球状になっている。球状に揃った棘のつぼみは、指で触ると指を刺す。この棘状のものが成長してきて、一つひとつの花になって開いてくる。この花模様が、模様の入ったガラス(瑠璃)球を連想させ、花の名前になったのだろう。夏に咲く涼感を伴った花である。蜜もあると見えて、小さなアブが蜜を吸っている。寒さに強い花で、高温多湿な地方では育てるのに注意が必要とのことであるので、北海道向きの花なのだろう。

瑠璃玉の 棘が開いて アザミ花

%E7%91%A0%E7%92%83%E7%8E%89%E3%81%AE%E3%80%80%E6%A3%98%E3%81%8C%E9%96%8B%E3%81%84%E3%81%A6%E3%80%80%E3%82%A2%E3%82%B6%E3%83%9F%E8%8A%B1A.jpg

アブ止まり ルリタマアザミ 蜜の壷

%E3%82%A2%E3%83%96%E6%AD%A2%E3%81%BE%E3%82%8A%E3%80%80%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%82%BF%E3%83%9E%E3%82%A2%E3%82%B6%E3%83%9F%E3%80%80%E8%9C%9C%E3%81%AE%E5%A3%B7A.jpg

comments

comment form
comment form