2008年08月27日

ミズヒキ

 ミズヒキは山野草として藪のあるところで見かける。長い茎に赤い花房がついていて、花房は小さい。この花房から白い花が咲くので、紅白の水引を連想させることからこの名前がついたようである。細長い花なので接写が難しい。接写モードで、どれかの花房に焦点を合わせると他のものは焦点ボケになる。写真に写った、暗いところから伸びている茎に、一方から次第にはっきりしてくる花房は、手足の無い赤衣の達磨が、茎の道を歩いてこちらに近づいてくるシーンを連想させる。

ミズヒキは 紅白組みて 花の列

%E3%83%9F%E3%82%BA%E3%83%92%E3%82%AD%E3%81%AF%E3%80%80%E7%B4%85%E7%99%BD%E7%B5%84%E3%81%BF%E3%81%A6%E3%80%80%E8%8A%B1%E3%81%AE%E5%88%97A.jpg

茎道を 近づいて来る 赤達磨

%E8%8C%8E%E9%81%93%E3%82%92%E3%80%80%E8%BF%91%E3%81%A5%E3%81%84%E3%81%A6%E6%9D%A5%E3%82%8B%E3%80%80%E8%B5%A4%E9%81%94%E7%A3%A8A.jpg

comments

comment form
comment form