2008年10月24日

風雨の日

 夜半から風雨である。朝窓の外を見て、この天気ではどこかに行く必要もないと、落ち着いた気持ちになる。しなければならない仕事もあるのだけれど、これは自分の都合に合わせればよいことなので、気分的には朝からだらだらしている。窓の外の写真などを撮って爪句をつけてみる。風雨に曝(さら)された残りの黄葉も、散り足を早めている。葉が散ってしまった裸の木は木の裸体でもある。室内の裸婦像(像名は「ジーンズ」であるけれど全裸像にしかみえない)の樹木版である。

風雨日は 庭木を撮りて 句作なり

%E9%A2%A8%E9%9B%A8%E6%97%A5%E3%81%AF%E3%80%80%E5%BA%AD%E6%9C%A8%E3%82%92%E6%92%AE%E3%82%8A%E3%81%A6%E3%80%80%E5%8F%A5%E4%BD%9C%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

秋風雨 庭木葉落し 裸木なり

%E7%A7%8B%E9%A2%A8%E9%9B%A8%E3%80%80%E5%BA%AD%E6%9C%A8%E8%91%89%E8%90%BD%E3%81%97%E3%80%80%E8%A3%B8%E6%9C%A8%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

comments

comment form
comment form