2009年07月04日

大通公園の鯨の像

 大通西9丁目に水場があり、夏が訪れて遊水路に水が流れている。水場には鯨のオブジェがあって、鯨の潮吹きを模して水を噴き上げている。普段は通り過ぎる人ばかりで、仔鯨が自分一人で水遊びをしている。しかし、日や時間帯によっては、子供やその母親の一団がこの水場で水遊びや話に興じている。札幌では水遊びの出来る期間は短くて、親子とも短い北国の夏を捕まえておこうとする。夏の水がこぼれて手からすり抜けていくのを、何度も捕まえようとして、一日が過ぎていく。

仔の鯨 一人遊びで 潮を吹き

%E4%BB%94%E3%81%AE%E9%AF%A8%E3%80%80%E4%B8%80%E4%BA%BA%E9%81%8A%E3%81%B3%E3%81%A7%E3%80%80%E6%BD%AE%E3%82%92%E5%90%B9%E3%81%8DA.jpg

捕まえる 手からこぼれる 夏の水

%E6%8D%95%E3%81%BE%E3%81%88%E3%82%8B%E3%80%80%E6%89%8B%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%93%E3%81%BC%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%80%80%E5%A4%8F%E3%81%AE%E6%B0%B4A.jpg

comments

comment form
comment form